歯科医師が学び集まる 口腔内全体を考えた歯科治療を提供する歯科医院 歯科医師が学び集まる 口腔内全体を考えた歯科治療を提供する歯科医院

アフターケア・メインテナンスについて

インプラントは、材質的に100%虫歯になる心配はないため、そういう点では天然歯よりも安心できるかもしれません。
しかし、歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱いため、炎症の悪化スピードも急速に進行してしまうのです。

ですから、たとえインプラントといえども、手入れをきちんとしていなければ除去しなければならない可能性もあるわけです。

また、インプラントは骨結合から咬み合わせのバランスをシビアに見ていなければなりません。
さらに咬み合わせは日々変化しており、天然歯のような自然な調整ができないため、天然歯より大変なのかもしれません。

よりインプラントを長持ちさせるために、しっかりとブラッシング指導を受けて、毎日磨くことがとても大切です。
また、プロである歯科医師の検診を定期的(3~6ヶ月に1回)に受けることをおすすめします。

アフターケアとインプラントの寿命

インプラントでの咬み合わせに問題がないか、歯に負荷がかかってないかがポイントの1つです。
インプラントはメインテナンスをしっかりとしてれば、10年~20年は95%以上の確率で維持できるのです。
日ごろのブラッシングや定期検診、メインテナンスをしっかり行うことを心がけるだけで、インプラントの寿命が大きく変わります。

インプラントを長持ちさせるには

インプラント治療が終わったからといって、その状態のままインプラントが一生機能するという訳ではありません。
インプラントを長持ちさせ、快適な口腔内を保つためには、様々な努力が必要となります。

例えば、インプラント周囲組織の炎症がないか、歯石・歯垢などの汚れが付着してないか、上部構造は問題ないかなどが大切なポイントになります。
そのためには、日頃から家庭内でしっかりとブラッシングを行うと共に、定期的に検診を受けましょう。

本多歯科医院 06-6721-1843
img-inquary_sp.jpg
本多歯科医院へのアクセスはこちら 院長・スタッフ紹介はこちら 費用・料金のご案内はこちら よくある質問はこちら スタディーグループについて 本多歯科医院 HONDA DENTAL OFFICE Facebook SJCD INTERNATIONAL
SJCD OSAKA